エトリア生活記

2007-01-30

[]アンジェリカの日記13

探索十日目です。

B3Fに挑戦しました。

ベルベーヌさんが集めた地理情報を元に、セリさんの分析に従って直進して直角に曲ると、foeを振り切ることができました!

ドキドキしっぱなしで、心臓が破裂するかと思いましたが、動き方がわかったので、次からも避けられそうです。

B2Fの敵とは違う敵もいて、慣れるまでは深くまで入らないようにしようと決めていたのですが、とある扉の前で見たことのない格好をした人たちに出会いました。

これより先には危険な敵がいるとかで、詳しくは、執政院で訊いてこい、ということでした。

B3Fの敵にも慣れていない状態で、先に進むのが危険なので、この階の敵に慣れるまでは行くことは無いと思いますが、とりあえず話しを訊いておこう、ということになりました。

狼とその親玉の討伐、というのが先に進む条件だそうです。

悩むまでもなく、セリさんが受諾していました。

それにしても、あの二人はなんなんでしょうか……。

ベテラン冒険者だろうというのはわかるのですが、ああいう格好をした人は見たことも無いですし……。