エトリア生活記

2007-01-30

[]アンジェリカの日記13

探索十日目です。

B3Fに挑戦しました。

ベルベーヌさんが集めた地理情報を元に、セリさんの分析に従って直進して直角に曲ると、foeを振り切ることができました!

ドキドキしっぱなしで、心臓が破裂するかと思いましたが、動き方がわかったので、次からも避けられそうです。

B2Fの敵とは違う敵もいて、慣れるまでは深くまで入らないようにしようと決めていたのですが、とある扉の前で見たことのない格好をした人たちに出会いました。

これより先には危険な敵がいるとかで、詳しくは、執政院で訊いてこい、ということでした。

B3Fの敵にも慣れていない状態で、先に進むのが危険なので、この階の敵に慣れるまでは行くことは無いと思いますが、とりあえず話しを訊いておこう、ということになりました。

狼とその親玉の討伐、というのが先に進む条件だそうです。

悩むまでもなく、セリさんが受諾していました。

それにしても、あの二人はなんなんでしょうか……。

ベテラン冒険者だろうというのはわかるのですが、ああいう格好をした人は見たことも無いですし……。

2007-01-29

[]アンジェリカの日記12

探索九日目です。

B2FからB3Fに至る通路にいるfoeを全て倒すというのが、今回の目標でした。

とうとうワタシも倒れる経験をすることに。

一瞬で倒されてしまったので、痛みも怖さも無かったのですが、逆にそれが怖いです。

気が付かないうちに死んでいる、というのが一番怖いなと思いました。

今日の戦闘で、ワタシとローズヒップさんとキャラウェイさんが倒れたようです。

ベルベーヌさんにお願いして、もし、ワタシに何かあったりした時には、この日記を故郷に送ってもらうことにしました。

ベルベーヌさんは、心配無いよと言ってくれましたけど、何があるのかわからないのが、迷宮だと思うので。

明日、B3Fに挑むことになりました。

2007-01-28

[]アンジェリカの日記11

探索八日目です。

B2Fは迷路のような感じです。

B1Fのような、広い部屋のような場所はありません。

分岐の多い路は、大抵が行き止まりになっています。

ベルベーヌさんのマップが無かったら、完全に迷子です。

キャラウェイさんが、優先的に補助スキルを習得すると宣言しました。

シリカさんの依頼を達成したこともあって、今までより落ちついているような感じがします。

ワタシも早く全体回復を覚えたいと思います。

セリさんとローズヒップさんが主戦力となる方向で決定しそうです。

ジャスミンさんも攻撃するとなかなかのものなのですが、やはりパラディンというのは防御の要なので、そうそう攻撃には回れないらしいです。

それでも、もう慣れてきた敵相手なら、一気に攻撃してしまうほうが被害が出ないということもあるので、見極めどころが肝心になってくるんじゃないかと思います。

B3Fに降りた途端、恐ろしい気配に金縛りにあった気分になりました。

目視できるほどの殺意に、階段付近をウロウロしてはB2Fに逃げるということを繰り返しました。

B2Fのfoeも回避して、戦っていません。

B3Fに挑む前に、B2Fのfoeで実力を測ってみないとならないかもしれません。