Hatena::Groupsekaiju

世界樹探索日誌(第4樹) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-16果てしなき流れの果てに

[][][]機能不足 05:08 機能不足 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 機能不足 - 世界樹探索日誌(第4樹) 機能不足 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

16階は流砂マップ。足を踏み入れると自動的に運ばれるエリア多数。

ある種のワープとも言えるが、蓮と違って一方通行であること、通過記録されることなどから記録が困難。矢印を書き込む機能が欲しい。ダメージ床のときも思ったことだが、フロアタイルの種類が足りない。正直アイコン説明部分要らないからタイルパターン増やしてくれというか、自分でタイルパターンを選択してツールをカスタマイズできるようになると良いのだが。あとマップ欄外に凡例をメモ

取り敢えず方眼紙に手でマッピングする。何でマッピング機能付きゲームでわざわざ別マッピングせにゃならんのか。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070216

2007-02-13仄暗き水底にて

[][][]蓮の花 11:17 蓮の花 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 蓮の花 - 世界樹探索日誌(第4樹) 蓮の花 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

地下14階は蓮の花に乗って島を渡るルート探しの旅であった。多分Warpフロアタイルはここに使うためのものだったのだろう。

最初は各アイコンメモで行き先を書いていたのだが、時々1エリアに2つ以上の蓮があることもあるし、蓮は直線的にしか移動しないので踏査エリア塗り潰しツールを使って経路を記録することにした。

途中、13階へ上がる階段を発見。到達できなかった向こう側へのルートか。

ところでここに来て段々息切れしてきたのだが、荷物を確認したらがない……ちょw買い忘れorzここからだと14階に降りて13階前半に戻って泉で回復、という手順を踏まざるを得ず、長い道程になってしまう。

まあ変位磁石?をひとつ持っているので帰還は可能なのだが、それにしても迂闊。


ところで変位磁石存在意義が解らない。で戻ってから磁軸で降りても、最後に使った磁軸に戻っても、結果は同じだと思うのだが。むしろ「変位磁石を置いておくと磁軸から跳べる」機能が欲しい。何のためにあるのコレ。

バード糸巻き戻りと組み合わせると、一旦脱出→元いた深層フロアへ、という移動が可能だそうな。なるほど。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070213

2007-02-02入手、そしてはじまり

[]地図作成の心得、その1 09:15 地図作成の心得、その1 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 地図作成の心得、その1 - 世界樹探索日誌(第4樹) 地図作成の心得、その1 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

基本的にはオートマッピングで、踏み込んだフロアが自動記録される。ただし何らかの特殊効果があるフロアは記録されないし、壁も描かれない。これらは自分で、タッチパネルに書き込んでゆく。

より手間を楽しむなら、オプションオートマッピングを切ることもできる。この場合、漫然と移動せず常にフロアマッピングしながら進む必要がある。

経験的に言って、通路を書き込むスペースがある空白には必ず通路がある。ただし所々に、今はまだ進めないエリアがあるので、必ずしも全部埋まるとは限らないが。

また3×3の小部屋がある場合、かなりの確率で中央には伐採/採掘/採取ポイントがある。Item-pntを置き、メモで種類を書き込んでおくと、後々アイテム集めに便利だ。


時々、壁に抜け穴があって向こうの通路と繋がっていたりする。実質的なドアなのでそう記録しても良いだろう。私はイヴェントとして記録しメモしているが。

ダメージ床が登場したが該当するフロアタイルがない。取り敢えずPitで代用してメモしてみた。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070202