Hatena::Groupsekaiju

世界樹探索日誌(第4樹) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-02-23黒い石像

[][][]ゴーレム撃破 13:20 ゴーレム撃破 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - ゴーレム撃破 - 世界樹探索日誌(第4樹) ゴーレム撃破 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

随分第四階層をうろついて、パーティーのレヴェルも上がってきたのでそろそろ頃合いかとゴーレム狩りに向かう。

既に3階の抜け道は開けてあるので、1階からFOEを狩りつつ進む。蟷螂と全員アタックで交戦してみるが、流石にそれでは1ターン撃破ならず。誰かスキルを使用すれば確実に1ターンKillなんだが。


ゴーレムの居場所は判っているから、すぐ戦闘へ。今回は戦術を色々考えてある。

ブシドーは即死狙いで居合→首打ち。

前回たしか連続攻撃で沈んだので、ダークハンターはトラッピング連続カウンター狙い。

パラディン防御陣形の後バックガード

カースメーカーは弱体化サポート中心。ダメージを受けたらペイントレードで攻撃に回る。

レンジャーサジタリウスの矢を中心に。

戦闘開始。ゴーレムはやけに硬く、通常攻撃では50Lev以上の戦士ですら2桁のダメージしか与えられない。

こちらの布陣を読んでのことか、後列ばかり狙ってくるのでトラッピングが活かされない。やむなく通常攻撃に切り替え。

パラディンは集中攻撃を受ける後列メンバのキュア2要員に。しかし連続攻撃技の連続に耐え切れず、とうとうレンジャーが沈む。サジタリウスは大ダメージの期待できる主力攻撃だっただけに痛手。しかも(この時点ではじめて気付いたのだが)ネクタル切らしてる……今日蘇生できるメディックもいないので、これは駄目かと思ったが覚悟を決めとりあえず最後までやることにした。どうせ逃げられないし。

カースメーカーも沈んで残りは前列3人、あとはもう削り合い……と思ったところでゴーレムリジェネ開始。そういえばそんな技もあるとは聞いていたが。こちらの攻撃が1人あたり70前後、3人全員が攻撃に回れても210〜240。一方でゴーレムの回復量は1ターンあたり280。これは無理だ……と諦めかけたその時、白刃一閃!ブシドーの首打ちが極まってゴーレム即死。いやっほう!この為だけにブシドー入れておいて良かった。


今更3000enなんてそれほど大した儲けでもないが、腕を売ったら5000になった。それはデカい。

その結果できた斧は凄まじい攻撃力だが値段も凄まじく、とても買えるものではない……まあいいけど、今ソードマン使ってないから。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070223

2007-02-12新たな労苦

[][][]地下3階の裏の貌 10:39 地下3階の裏の貌 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 地下3階の裏の貌 - 世界樹探索日誌(第4樹) 地下3階の裏の貌 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

どうやら地下3階水晶扉奥でのクエストが発動した模様なので、早速主力パーティーを復帰させて状況開始。

(以下7Fまで到達していない人のために秘匿)

象ばかりいた区画の最奥、既に抜け穴を開けておいた部屋の東。ここに黒いFOEの姿が。

近寄るとそれはゴーレムであった。初めて見るタイプで、攻略方法の検討も付かない。取り敢えずいつもの通り、パラディン防御陣形ソードマンのスタンスマッシュ?レンジャーサジタリウスの矢アルケミスト毒の術式Rank5を実行。

案の定は効かない。まあ無機物だから無効化を持っているのかも知れないし、そう意外ではないが。問題はスタンスマッシュほとんど効いていないことだ。相手が相手なら250前後削るのに、100も行かない。その上……ゲージの減りが殆ど見えない。なんて硬さだ。


敵の連続攻撃スキルHPフルのレンジャーが3連続で殴られ即死。防御強化した後衛でこれだ。とても敵わない。が黒敵なので逃げようもない。諦めて全滅するまで全力戦闘したが、結局10%も減らせなかった。38Levパーティーでこれか……

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070212

2007-02-06迷宮スタイル

[][]虫殺し 16:54 虫殺し - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 虫殺し - 世界樹探索日誌(第4樹) 虫殺し - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

惨敗したので取り敢えず討伐を諦めて鍛錬に励むことにする。敵の強さと体力の兼ね合いを考えると4階付近が望ましい。

3階の広場を通過する際、ふと「折角だから蟷螂に挑んでみよう」と思い立つ。全滅したばかりの今なら、たとえ再びの死を迎えても傷は浅い。


あれほど恐しかった蟷螂だが、いつの間にか冒険者たちはそれを凌駕する戦力に成長しつつあったようだ。鎌の強烈な一撃も命を奪いには至らず、メディックの支援を得て充分な耐性を発揮した。

あれから一人増えた前列戦力の働きもあってどうにかこれを撃破。ついでなので先輩に回復して貰ってから引き返してもう1体も撃破しておく。これで随分移動し易くなった。

本日の成果

18〜19Levぐらい。第二階層に到達。

DocSeriDocSeri2007/02/11 05:41コメントテスト。こんな風になります。
画像の都合でフォントサイズ固定とせざるを得なかったのが残念。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070206

2007-02-043階を突破する

[][]恐怖昆虫 18:11 恐怖の昆虫 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 恐怖の昆虫 - 世界樹探索日誌(第4樹) 恐怖の昆虫 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

何度も半死を繰り返しつつ、漸く2階を走破すると広い空間に出る。曲がりくねった細い道しかなかった2階とは大違いだ。

中央には明らかにFOEの姿。こちらが動くと寄ってくる。だが数歩ごとに1回立ち止まるので、その隙を利用して躱す。しかしどうしても移動距離を長く取らざるを得ず、途中で何度か敵に遭遇してはFOEに距離を詰められてしまい焦る。

このフロアでは、2階にもいた数種に加えてマンドレイクが登場。丸く愛らしい姿ながら、なかなかにダメージも大きく体力もある。その上防御力を下げてくる、厄介な相手だ。2ターンで斃さないとEOFが……というスリルとも戦いながらの戦闘。


さて、その先の通路部分にもう1体。こちらは一直線に寄ってきた。どうも最北のライン上にいると反応するようだ。引きつけてから脇に逸れて……と思ったのだがミスタッチ、間違えてFOEに突っ込んでしまった。

果たして、敵は蟷螂のような姿の怪物であった。2階のFOEにあれだけ梃摺ったのに、3階の通常敵にだって梃摺っているのに、FOEに敵うはずがないと判断、全員で逃走を試みる。しかし相手の動きは速く、逃げ切る前にパラディンが1撃死。


[][]先輩出現 18:11 先輩出現 - 世界樹探索日誌(第4樹) を含むブックマーク はてなブックマーク - 先輩出現 - 世界樹探索日誌(第4樹) 先輩出現 - 世界樹探索日誌(第4樹) のブックマークコメント

再び舞い戻った3階、今度は巧く2体のFOEを躱しその先へ。

部屋中央部にある扉の前には人影が。ブシドーカースメーカー、いずれもまだ雇うことのできない上級職だ。どうやらかなり高位の冒険者らしい。

彼女らの勧めに従い町へ帰還し執政院ミッションを受領。この階層最奥のたちを討伐せねばならぬらしい。彼女らがそれを導いてくれるとか。駆け出しには有り難い。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/DocSeri/20070204