世界樹ジェリー

February 27, 07獅子はなんたらを千尋の谷に叩き込むという

[][]ダークハンターきぐろうにっき第2話・前編

B2Fにさしかかって以来、メンバーの昏倒回数が目に見えて増えてきた。*1特にアルケミスト♀の死亡率が酷い。原因を辿るに、どうも彼女の使用術式()に問題が有るようなのだ。


  1. 毒の術式発動
    • 成功しました→4へ進め
    • 失敗しました→2へ進め
  2. 1へ戻る
    • 何回やっても駄目だった場合→3へ進め
  3. 向こうに耐性が有るかレベル不足です。諦めて4へ進め
  4. 戦闘終了まで殴るかディフェンスで時間を潰してください

……以上の如く、一度術式が成功してしまうと*2、以後その戦闘中に彼女のする事は無くなってしまっている。一応ボーンメイスは持たせてあるが後衛からあの細腕で殴りかかってもそう大した効果は得られない。


特にアゲハなどのに耐性がある相手の場合、事実上残りの4名で立ち向かう事となる。そのため必然的に戦闘が長引く→総ダメージ量が嵩む→体力の無い物から順に倒れる……といった悪循環が引き起こされるのだ。(私自身もドサクサに1,2回死んだ。まったく遺憾だ)この図式に気付いた時には、パーティー全部を併せて8回は戦闘不能の憂き目に遭っていた。因みに、うち半数はアルケミストが稼いでいる。


正直今のままでは彼女は序盤のバード以上のお荷物である。バードは装備さえ整えれば肉弾戦もいける。その上実質4人の戦闘でも得られる経験値は5つ割りなのでメンバーの成長の速度も鈍る。施療院での治療費も含め、パーティー経済状況も徐々に圧迫されてきた。これはいけない。


私はこの循環を断ち切るべく、彼女にある申し渡しをした。


(後編へ続く)

*1:特にアゲハ数匹と戦闘した後にfoeの大鹿に当たると、ほうほうのていでアリアドネの糸を握り締める羽目となる。理由は後述

*2:ご存知のとおりの重ねがけは出来ない為に