世界樹の迷宮探検記 RSSフィード

2007-01-30

[][]2周目 2周目 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

これは1周目のハードルの高さに満足しなかった冒険者達が1周目とは違うルール迷宮に潜る話。迷宮の謎は、その殆どが明らかになった。しかし、先達がやり残した幾つかのクエスト地図の埋まっていない幾つかの場所がある。彼等はそのクエストを片手間にクリアしながら最深部へと潜っていく。彼等には幾つかの制限が課せられている。先達が残した遺産は地図以外は引き継がれない。彼等の残した財宝は彼等の物だ。先達の功績で商店に並んだ品物は(勿論正当な対価を支払った上で)使うことを許す。彼等は採取・伐採・採掘を行わない。彼等はひたすら迷宮を潜る。最深部を目指す。エレベータ、最後の転移装置は機能を停止している。エレベータはかつて先達が起動した場所に彼等が到達した時にその機能を取り戻す。

驚異的な技術による、医術防御は失われた。彼等の多くは先達の持たなかった力を持つ。すなわちカースメーカー、ダークハンター、殆どその力を振るう事の無かったブシドー。彼等が主役だ。色々考えたが、やはりメディックは必要だ。というか資金源もメディックも禁止するのは厳しすぎて自分が達成出来る気がしない。という事で。殴りメディックをキャスティングしよう。最後のメンバー前衛が3人埋まっているので強制的に後衛となる。バードレンジャーか、というところ。せっかくダクハンカスメが居るのだから縛り重視のPTにしたい。となるとやはりレンジャーか。メンバーは決まった。

前衛ブシドー・ダークハンター・メディック

後衛カースメーカーレンジャー

彼等の活躍に大いに期待したい。なおこれらの項目は今後随時追加される。そして、この冒険は彼等の酔狂だ。いつ何時途切れるかわからない。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070130