世界樹の迷宮探検記 RSSフィード

2007-01-30

[][][]さあ、冒険に出かけよう さあ、冒険に出かけよう - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

表紙には探検記と銘打ってあるが、それは誤りだ。これは冒険記だ。以降、本文では冒険記と記す。さあ跳び越えたハードルの高さを上げよう。

彼等は一つの探検記を記した。コネクションと名づけられたエトリアの町の冒険者ギルドメンバー達。フィー、ジュリモックス、イン、リンクス、ユノー、ティオ、リュースイ、そしてアイテムや資金を裏で集め、メンバーの助けとなったコレクターズ。それぞれの役目を果たし、その名は町の人々の記憶に刻まれ、その英雄譚は語り継がれる。彼等は彼等の望んだ真実を目にし、その迷宮に隠された宝を手にし。いつしか迷宮へ足を向けることを止めた。幾人かはエトリアに腰を据え、長く平和な時を過ごし、幾人かはまた新しい場所へと旅立った。コネクションというギルドは一つの偉大な名前として残り。そしてその形は失われた。

彼等は新しい道の中で新しい可能性を見つける。それらは自分達を越えるのではないかという才能を感じさせた。それは、我が子である事があった。また宿屋で食事の席を共にした者である事もあった。気まぐれに教えを施した弟子の才能に驚く事があった。才能才能を引き寄せる。そして、エトリアに長く暮らしていた者も、遥か彼方の地へと旅立った者も、もはやこの世界から離れた者も、その才能を鍛えるべき場所をよく知っていた。彼等は、彼等の後継者の事を、母の跡を継ぎ金鹿の酒場を仕切る若女将に伝え、まだ嘴の黄色い彼等の秘蔵っ子を冒険者ギルドに叩き込んだ。勿論、若女将に伝えた言葉は「なっちゃいないから甘やかさないでくれ」といったような事だった。新たなコネクションは当人達だけが何も知らないまま、このようにギルドに集まる事となった。

レンジャーの母を持った青年は名をビシャスと言った。彼は冒険者ギルドに行くなり、片っ端から声をかけていく。「俺と迷宮の最深部まで行かないか」実戦の経験すらないような若造が面白い冗談を言う、といった顔ばかりだったが、彼が本気だと知っていた、彼と同じように実戦の経験など一度も無い連中だけが集まった。

「俺は、この迷宮地図を持っている」そう、コネクションの残した最も偉大な遺産を引き継いだのは、この若者だった。勿論、捨てるわけにもいかなかった地図を床下に隠しておいたのを勝手に引っ張りだして受け継いだのだが。当然母親はその事は知っていたが、根が冒険者気質の人間の事、「見つけたなら、やってもいいか」とそのままこの時まで放って置かれたのだった。

さあ、先達の駆け抜けた道を再び目指す者達がいる。君達はその行く末を見届けてもいいし、このまま立ち去ってもいい。どちらにしても彼等の冒険は今、あるいは今再び。始まったのだ。

[][]2周目 2周目 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

これは1周目のハードルの高さに満足しなかった冒険者達が1周目とは違うルール迷宮に潜る話。迷宮の謎は、その殆どが明らかになった。しかし、先達がやり残した幾つかのクエスト地図の埋まっていない幾つかの場所がある。彼等はそのクエストを片手間にクリアしながら最深部へと潜っていく。彼等には幾つかの制限が課せられている。先達が残した遺産は地図以外は引き継がれない。彼等の残した財宝は彼等の物だ。先達の功績で商店に並んだ品物は(勿論正当な対価を支払った上で)使うことを許す。彼等は採取・伐採・採掘を行わない。彼等はひたすら迷宮を潜る。最深部を目指す。エレベータ、最後の転移装置は機能を停止している。エレベータはかつて先達が起動した場所に彼等が到達した時にその機能を取り戻す。

驚異的な技術による、医術防御は失われた。彼等の多くは先達の持たなかった力を持つ。すなわちカースメーカー、ダークハンター、殆どその力を振るう事の無かったブシドー。彼等が主役だ。色々考えたが、やはりメディックは必要だ。というか資金源もメディックも禁止するのは厳しすぎて自分が達成出来る気がしない。という事で。殴りメディックをキャスティングしよう。最後のメンバー前衛が3人埋まっているので強制的に後衛となる。バードレンジャーか、というところ。せっかくダクハンカスメが居るのだから縛り重視のPTにしたい。となるとやはりレンジャーか。メンバーは決まった。

前衛ブシドー・ダークハンター・メディック

後衛カースメーカーレンジャー

彼等の活躍に大いに期待したい。なおこれらの項目は今後随時追加される。そして、この冒険は彼等の酔狂だ。いつ何時途切れるかわからない。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070130

2007-01-18

[][][][]世界樹の迷宮探険記(プレイ日記) 第一日目 世界樹の迷宮探険記(プレイ日記) 第一日目 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

世界樹の迷宮無事購入!特典の出来が非常によくて満足。

結局PTはパラレンメディアルアルで組んだ。

名前は

モックス:パラ男

フィー :レン女

ジュリ :メディ女

イン  :アル女

リンクス:アル男

以降キャラネームで呼ぶ事にする。

1Fは特に問題無く進んだ。やはりアル二人は強いと思う。一方フィーが弱い。前衛に置くには柔かいのが問題。

初期ミッション地図作成をサクッと終わらせる。

花畑で・・・なところは事前に情報を踏んでしまっていたため回避。

無理に茨の道を進む程マゾではないので(ぁ

金欠が酷いが伐採用レンジャー5人作って解決(酷)。ちなみに名前はれんいちれんじれんさんれんよれんご。我ながらやる気がかけらも見られない。ある程度進んだら採取系スキルどれか一つ10まで上げた3人に絞ろうと思う。

2Fにて初FOEと対面。2F突入は確か7LV。

普通に2回全滅した;;鹿強すぎ;;

1Fは普通に1時間ちょいで終わったのに2Fの広さがすでに半端じゃない。2時間以上やってやっと埋まった。

6Fまで行ったらパワーレベリングするか〜、と思ってたのにとてもそんなに進めない。

FOEの鹿と牛を倒しつつ何往復もしてようやく3F到達。10LVだったかな。

FOEと戦うとアルケの死亡率がグッと上がる(ぁ

おかげでリンクスが他のメンバーに比べちょうど1レベル分くらい離れた。

一回すべてを狩る者(名前うろ覚え)に接触して激しく焦る。が普通に逃げられたw

広すぎてとても一回じゃ探索出来ないので一旦帰還。


今後探険記はトラックバック企画に参加するために後ろメアドを記載します。だからどうだってわけでも無いけど。

foton9@hotmail.com

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070118

2007-01-16

[][]名前について 名前について - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

昨日書いた名前、やっぱりやめようかと悩み中(優柔不断)。というかPT構成も変えようか、と考え中。バードは外したくない。バードは補助系。つまり物理系に特化した方が効果を生かせる。と言う事でアルケ→ブシドーにする、というのは割とありなのではないか、と思ったり。そうするとレンジャーを後衛にする、という選択師もあるし、メディックが最終的に前衛もこなす、という選択肢もある。

中々よさそうだ。

設定的にはもうビバップが頭から離れないのでそれっぽい感じのイメージとして、名前はオリジナルにしよう。

パラディンおっさん風  モック

レンジャー金髪女性   フィー

ブシドー黒髪にいちゃん リュースイ

メディックお姉さん   ジュリ

バード黒髪女の子    ニノ

アルケミスト金髪男   リンクス

よし、決まり。

ギルド名はコネクション。一瞬カウボーイズとかにでもしようかと思ったけど、あまりにあまりなのでやめる事にする。

2chとか見てみるとフラゲしてる人がボチボチ出てきていて、非常にうらやましい。俺にもよこせ!(ぁ

明日の帰りにでも予約した店に寄ってみようか。無理だろうけど。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070116

2007-01-15

[][]名前を考える 名前を考える - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

名前について。ギルド名は6文字だったら確定。文字数に余裕があるならもう少し考えたい。PT構成を考えているうちに色々と設定を考えてしまったりして、一人ニヤニヤしてしまって非常に俺キモい

キャラ名はカウボーイビバップから名前を貰おうかとか考えている。金を求めてダンジョンに潜りにいく、というイメージ賞金稼ぎに重なって、そのイメージが離れなくなってしまったので、じゃあ、ってことで(ぁ

スパイクジェット・フェイ・エド・あと一人どうするかな。

トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070115