世界樹の迷宮探検記 RSSフィード

2007-02-01

[][]自己紹介 自己紹介 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

とりあえず、どうやって戦っていくか、決める必要があった。仲間の事も知らずに迷宮に挑むのはただの蛮勇でしかない。

「とりあえずお互いの事を知らないと、作戦も立たないな。自己紹介から行こう。俺はビシャス。まあ、見れば分かるとは思うが鞭使いだ」

そう言って隣に目線を向ける。

「次は私でしょうか?私の名は紅(クレナイ)です。刀を使います」

隣の男が口を開く。

「僕の番かな。ウィーゲント。ウィッツとでも呼んでくれ。医術と棒術を嗜んでいる。紅さんの雷耀の刀には適わないと思うけれどね」

紅は意外そうな顔をする。

「詳しいのですね」

武道師匠の下に就いていたからね。色々と聞いた事がある。まあおかげで医術は独学なんだが。ああ、一応そちらが本職だから心配はしないでくれ」

「お願いします。医術を使える人間が居るかどうかで危険度が変わってきますから」

「ハハハッ、僕だって命は惜しいからね。ちゃんとメンバーが力を発揮出来るよう、役目は果たすつもりだよ」

ローブ少女が口を挟む。

「・・私の話に行ってもいい?」

「ああ、済まない、どうぞ」

「・・私はゼルア。呪い師よ。相対した者を封じる業を使うわ」

ビシャスは納得したように

「ああ、それでその格好か。話でしか聞いた事が無かったが、やはり自分にも封じを施しているんだな」

「・・ええ、自らを呪わなければ他のものを呪う事など出来ない」

「そう言ったものか、となるとゼルアは後列に居てもらうべきだな」

「・・そうね、私はあなた方のように直接的な攻撃手段を採らないから」

最後に残った青年が口を開く。

「私はレプトルだ。あー、ビシャスとは昔からの知り合いだ。コイツの母上が私の弓の師匠にあたる」

「お前も後列からの援護だな」

「ああ、そのつもりだ。弓を持って敵に前に立つ事もないだろうしな」

「よし、俺と紅、ウィッツが前に立つ。レプトルとゼルアは後ろから援護をしてくれ。まあ、とりあえず実際にやってみないと分からないからな。明日から様子を見ながら迷宮の1Fに潜ろう。今日ギルド結成の記念に祝杯をあげよう」

「ふふっ、随分と余裕ですね」

「ん、何かマズイか?」

「いいえ、其れ位の余裕を持っていてもらった方が安心します。それに仲間同士のコミュニケーションも必要でしょう」

「それじゃ決まりだな。姐さん!酒5つお願いっ!」

「はいは~い、何か楽しそうね~。私も混ぜてもらっちゃおうかしら」

「ははっ、じゃあこっちに来て一緒に乾杯しようぜ!」

「ちょっと待ってね~、は~いお待たせ~っ」

「よっし、それじゃあ、『コネクション』の結成と前途を祝してっ!」

「「かんぱ~いっ!!」」

foton9@hotmail.com

[][]冒険記開始 冒険記開始 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

所持金450000+0en(450000enはこのPTは使う事が出来ない資産

ビシャスLV1ダークハンター

ライトウィップ・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト1鞭マスタリー5ヘッドボンテージ1

レナイLV1ブシドー

脇差・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト1刀マスタリー5踏み袈裟1

ウィーゲントLV1メディック

ワンド・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト5回復マスタリー1キュア1

ゼルアLV1カースメーカー

ワンド・ツイード

TPブースト1呪言マスタリー6力祓いの呪言1昏睡の呪言1

レプトルLV1レンジャー

ウッドボウ・ツイード

AGIブースト3弓マスタリー1先制ブースト5

[][][]引退後のボーナス 引退後のボーナス - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

引退キャラからの継続キャラSPボーナスがあるが、それ以外にもステータスボーナスが付く。

SPボーナスは引退キャラのレベルによって(LV/10)-1がSPボーナスとなる。よって70で引退するとボーナスが6付く。基本的にLV70でSP72が最高なのでそれに+6をした78がSP上限となる。

ステータスボーナスについては継続キャラがLV1の状態では付かないがLVが1でも上がると付く。式は不明だが、LV70のキャラを引退させて継続したキャラの場合3のボーナスがもらえる(引退キャラのレベル/20で小数以下切捨てとかがありそうだが、検証が面倒なので特に試すつもりはない)。このボーナスは引退したキャラの職に依存し、例えばパラディンならVITにソードマンならSTRボーナスポイントが与えられる。まあ、低レベル時にはありがたいが、ある程度レベルが上がってしまうと誤差程度の影響しか現れないと思われる。引継ぎキャラによる2周目を遊ぶ時には、少し考慮すると、楽が出来るかもしれない。

ちなみに

ソードマンSTRパラディンVITレンジャーAGIメディックTECバードLUC

は確認済み。

[][] 2007-02-01 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

どう見てもATC5振ってるメディックが本業医術とか胸を張っていうのはおかしい。まあそれでも並のメディックと同じ程度には使える数値なので、問題無いと言えば問題無いのかもしれないが。

おまけにウィーゲントはユノーから引継ぎなのでATCボーナスが乗っていて、装備ワンドの癖にビシャス・レプトルよりダメージ出したり(ぇ

ベル3か4で2Fに行く予定。初期装備は若干気を使った装備にしたが、収集品しか収入が無いので、多分お金には相当困る。縛りが上手くいかなかったら鹿で即死な予感。

[][]彼等は足を踏み入れる 彼等は足を踏み入れる - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

「あー、昨日は飲みすぎたか」

「全く、オマエははしゃぎすぎだ」

「まあ、僕は楽しかったけど」

「楽しむのは結構ですが、コンディション管理はお願いしますよ?」

「・・紅が一番飲んでたよ」

結局朝一に集合し、迷宮へと向かう事に。このエトリアという土地は朝は5時には夜が明け、夜は6時には日が落ちる。そのため、冒険者達は昼に向かうか、夜に向かうかをあらかじめ決めておき、AM5時かPM6時に出発するのが普通だった。

隊列を組み迷宮への階段を下りていく。ここでこなせる依頼は酒場には残っていなかった。大半の依頼は無事解決され、今残されている依頼は、どれも熟練の冒険者にも手が余りそうなものばかりだった。迷宮の宝は過去にその多くが持ち出され、今となってはモンスターから得られる収集品を集め、町にただ一つの冒険者向けの商いをしているシリカ商店へ持っていくことが彼等唯一の収入となる。

迷宮の1Fに生息している巨大化したネズミやモグラ、チョウと戦う。レプトルがレンジャーとしての勘から先手を打つ事も何度かあり、比較的容易に戦闘を行う事が出来た。

ウィーゲント・・お前本当に医術師か?」

「何を言ってるのさ、さっきから傷を治しているだろう」

「そりゃそうだが」

「「お前、「俺」「私」達よりも戦うのが上手いじゃないか」」

「なんだ、そんな事か、そりゃ君たちが、有効な打撃を与える事より、それ以外に主眼を置いて修行してきたからだろう」

「まあ、そりゃそうだが、それにしたって納得がいかん」

「まあまあ、それを言うなら紅さんの方が・・」

「私が何か?」

「紅は「本職」だから比べる事自体間違ってるぞ・・、ん、ああ、いやなんでもない。こっちの話だ」

「そうですか、このフロアの敵ならば問題無さそうですね」

「次のフロアに行く前に多少でも装備を整えないとまずいな、もう少し戦っていこう」

「はい」

「それにしても、既に地図があるというのは楽なものだな」

「そうだな。ん、もう日が落ちたか。マップに載っていた水場で一度休憩だ」

彼等はマップに書いてあった水場で十分な休憩を取り、戦いを何度かこなしてから、一度町に戻る事にした。

シリカ商店でアイテムを換金する。合計193en。

「くあー、こんなんやってられねえな」

「一度2Fの様子を見てみますか?」

「そうだなあ、この調子じゃいつまでも1Fに居る羽目になりそうだし、一度2Fの相手ともやりあってみてからどうするか決めるか」

2Fで現れたのはウサギ紫色のチョウ、それに1Fにも現れたモグラだった。なんとか撃退したものの3戦もすると全員が限界まで疲労していた。

「こいつぁきつい、一旦1Fの水場まで行こう」

「ええ、僕ももうキュアが使えないです」

一度水場で回復してから町に戻る。シリカ商店でアイテムを処分し、所持金は317enに。

「うーん、やっぱり実力不足か」

残念ですけど、もう少し1Fと2Fを行ったり来たりしながら修行ですね」

「こんな調子だと装備品を揃えるのは難しいな」

[][]冒険記第一章 冒険記第一章 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

所持金450000+317en(450000enはこのPTは使う事が出来ない資産

ビシャスLV4ダークハンター

ライトウィップ・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト1鞭マスタリー5ヘッドボンデージ2レッグボンデージ1アームボンデージ1

レナイLV4ブシドー

脇差・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト1刀マスタリー8踏み袈裟1

ウィーゲントLV4メディック

ワンド・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト5回復マスタリー3キュア2

ゼルアLV4カースメーカー

ワンド・ツイード

TPブースト1呪言マスタリー6力祓いの呪言4昏睡の呪言1

レプトルLV4レンジャー

ウッドボウ・ツイード

AGIブースト3弓マスタリー3先制ブースト5ファストステップ1

[][]スキル振りの迷い スキル振りの迷い - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

一通り取ってセーブしてから明らかに順番を間違えてる事に気づいたが、時既に遅し。ゼルアが酷過ぎる。明らかに力祓いが最重要だった。まあそれにしても2Fだと毒があるから微妙な事は微妙なのだが。力祓いが終わってから先制スタナー目指すか、縛りを取りに行くか・・・先に縛りだろうなあ。レプトルもダブルショット辺りから取りに行っても良かった。ビシャスはボンデージ絞って上げても良かったが、まあこんなもんか。クレナイは刀7で止めて構え取りに行っても良かったけど・・最速でツバメ返し取りに行った方がよかったのかなあ。ツバメと小手打ちどっちを先に取りに行くにしても結構時間が掛かってしまうのが難点だ。スノドリがいるし、火を目指すのが正解かなあ。スノドリと戦うのが15~18位になるだろうから・・・3Fにツスクル居ないのがきつい気がする。

ゲスト



トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070201