世界樹の迷宮探検記 RSSフィード

2007-02-03

[][]奥へと歩みを進めていく 奥へと歩みを進めていく - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

「あー、鹿は倒せたのはいいが、あんなのと毎回やりあってたらいつまで経っても奥に進めないな」

「あのFOEは一定の場所を移動し続けているようですから、やり過ごせば戦わずとも奥に進めるのではないですか?」

「そうだね、全部相手をしているわけにもいかないと思うよ」

「ちまちました事は趣味じゃねえが、まあしょうがねえな」

「奥へと進み、力を付け、装備も整えば、FOEとて容易に倒す事が出来るようにもなるだろう」

「よっしゃ、じゃあ様子を見ながら3F、4Fを目指すことにするぜ」

「・・行きましょう」

実際、ビシャスの鞭を新調しただけだったのだが、もう彼等は2Fでも傷を負うことは少なくなってきていた。FOEをやり過ごしながら3Fへと向かう。3Fに降りると巨大な蟷螂が居るのが見えた。この蟷螂も一定の法則に従って動いているようだ。上手く動きを見極め戦う事無く奥へと進む。3Fに入ると今まで現れていたモンスターに加え、球根のような植物型の魔物や、アルマジロも現れるようになった。特にアルマジロは強烈な攻撃と硬い皮を持ち、容易な相手ではなかった。このまま4Fに向かうのは危険だと判断した彼等は一度引き返す事にする。

1Fまで戻ってきた時には既に夕刻、辺りは薄暗くなっていた。彼等はいつものように水場で休憩をし、町へと戻っていった。

「一気に4Fまで行こうにも、途中の戦いも楽ではない。中々難しいところだな」

「多少無理をしてでも進む事が必要なのでしょうか。しかし、危険を冒すわけにも・・」

「僕等も順調に力を付けてきていると思うし、そんなに焦る事も無いんじゃないかな。ただ、帰り道を考慮すると無理が出来ない、というのはちょっと辛いね」

「・・アリアドネの糸

「あー、そいつがあったな。試しにそいつを持って一度4Fまで行ってみるか。無理そうだったら途中で引き返せばいい。無駄に糸を使うことも無いし、どうせいつか使うことになるだろう」

「資金的にも、糸を買ってもすぐ困る、という事もなさそうだし」

「・・宿にも泊まらない暮らしだから」

「そうですね。いざとなれば糸を使って戻れるのなら、多少の無理も利くでしょう」

「よし、それでは向かおうか」

[][]3Fから戻ってきて 3Fから戻ってきて - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

所持金450000+454en(450000enはこのPTは使う事が出来ない資産

ビシャスLV9ダークハンター

ネイルウィップ・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト3鞭マスタリー5ヘッドボンデージ5レッグボンデージ1アームボンデージ1

レナイLV9ブシドー

脇差・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト1刀マスタリー10踏み袈裟1上段の構え3

ウィーゲントLV9メディック

ワンド・ツイード

HPブースト1TPブースト1ATCブースト8回復マスタリー3キュア3エリアキュア1

ゼルアLV9カースメーカー

ワンド・ツイード

TPブースト1呪言マスタリー6力祓いの呪言9昏睡の呪言1

レプトルLV9レンジャー

ウッドボウ・ツイード

TPブースト1AGIブースト3弓マスタリー5先制ブースト5トリックステップ1ファストステップ1ダブルショット1

[] 2007-02-03 - 世界樹の迷宮探検記 を含むブックマーク

この辺り、一回潜ってこんなに稼いだりしているわけではなく、2、3回潜った後の事。ていうかそんな稼げない。後、実はもろいビシャス君は死んだりもしたけど、その話は一旦後回しに。購入した装備品が不当に強いのは・・・ちょっと悩んだけど、せっかく2周目設定なわけだし、あまりにつまらくなってしまわないようなら装備品は何買ってもいいかな、という方向で。実際、適正レベルの装備2個買っても、そんなに結果は変わらなかったかも知れないけれど。それに、ドロップで十分装備が買えるほどお金に不自由しなくなるのは結構後の方だと思うし。まあその辺りはやってみてから考える方向。

イバラの鞭だかがまだ販売されてなかったらしく、マンドレイクが落としたツル売ったら出てきてビックリ

ゲスト



トラックバック - http://sekaiju.g.hatena.ne.jp/fotn/20070203